読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TUMUGIのきものさんぽ

きものに目覚めて二年目。40代主婦のかしこまらないきもの生活。

長襦袢を洗っちゃいました♪

着物 豆知識 着物の楽しみ方 着物のお手入れ

着物の下着と言えば襦袢。

肌着の上に着るとはいえ下着ですから、できれば着るたびに洗いたいものです。

でも、絹製のものは縮むのが怖くて、これまで自宅では洗えませんでした。

洗いに出せば何千円もするし、ちょこちょこ頼むと財布が痛い。

……で、以前から挑戦しようと思っていた、自宅洗いをとうとう決行してしまいました。

今回はそのレポートを書かせていただきます。

 

今回洗ったのは、亡くなった祖母に縫ってもらった二枚の長襦袢

いずれも私が子供の頃に作ってもらいましたので、もう三十年以上前のものになります。

 

一枚目は一見綸子っぽい風合いですが、素材は不明。

でも、こちらは絹ではなさそうなので、洗えるんじゃないかなと以前から思っていました。

仕立ては袖無双銅抜(そでむそうどうぬき)。

胴の部分は単で、袖にだけ同生地の裏がついています。

f:id:kimonotumugi:20170405225002j:plain

もう一枚はどう見ても絹。(羽二重っていうのかな?)

しかも袷なので、失敗の可能性大。

かなりの冒険です。

f:id:kimonotumugi:20170405225313j:plain

洗剤は、自宅洗いされた方々のブログを参考にして、中性洗剤を使用しました。

f:id:kimonotumugi:20170405225552j:plain

 

「おばあちゃん、ごめん!!」

と言いながら、洗面ボールに張った洗浄液に、まず綸子っぽい一枚目をジャポン!

f:id:kimonotumugi:20170405225517j:plain

洗っている感覚は、「いけそう」←根拠のない自信

こちらに関しては、縫い目の部分が引きつることもなく、手触りも変わりませんでした。

押し洗い1回、すすぎ洗いを2回して軽く絞っておき、二枚目にGO!

f:id:kimonotumugi:20170405230007j:plain

こちらは水を含むほどに、ツルフワだった手触りがザラザラとしてきて、徐々に不安に……。

しかも、押し洗いするたびに洗浄液が黒く濁り、おばあちゃんの部屋で臭ったことがある、懐かしくもちょっと嫌な臭いがモワモワ。

 

臭いが気になるので、こちらは洗いを2回しました。

すすいだ後は、臭い隠しと風合いが少しでもよくなるようにと、リンスを投入。(絹も毛髪と同じ天然素材なので、シャンプーとリンスで洗うというブログを見かけたので、それを参考に)

 

その後、まとめて洗濯機で脱水にかけて約6分。

湿ったままの状態で、生地をひっぱり、伸ばすようにアイロンをかけます。

一枚目は縮んでいる様子がないので、取り急ぎ二枚目からかけました。

 

袷なので、胴裏や袖の裏の生地もアイロンで伸ばします。

この作業が結構大変。

納得できるまでには、30分くらいかかったかも。

最初のうちは、明らかに縮んでいるし、風合いがガサガサになっていて、「失敗か……」と暗い気分に。

でも、アイロンをかけていくうちに、乾いた部分にもとのツルフワの手触りが戻ってきて、ちょっと安心。

f:id:kimonotumugi:20170405231428j:plain

何とかもとに近い状態になったので、あとは室内で陰干し。

うんうん、これなら着れそう。

f:id:kimonotumugi:20170405231625j:plain

一枚目はアイロンする必要もなさそうだったので、そのまま屋外に干しちゃいました。(綿素材の半襟のみ、シワができていたのでアイロンをかけました)

 

結果。

私の場合は、まあまあ成功。

一枚目は合繊だったのかな。

こちらの方は、これからは気兼ねなく、じゃぶじゃぶ洗えそうです。

二枚目は、身丈が3cmほど縮みました。

でも、何度もアイロンした袖はそこまで縮まなかったので、これは伸ばしが足りなかったせいだと思います。

まあ、着物の下に隠れるものだし、私はこのまま着ようと思います。

とはいえ、アイロンをかけるのに手間がかかるし、生地を引っ張ると傷みそうなので、今後は一枚目の長襦袢をメインに使おうと思います。

一枚目が洗えるということがわかっただけでも、私には収穫♪

 

ついでに半襟も洗濯してすっきり!

半襟は脱水後、縦半分に折って、アイロンをかけてから干しました。

先にアイロンをかけておけば、縮みや変形を防げますし、折り目をつけておけば、縫い付ける時ラクです。

 

 

最後に

襦袢の洗濯に挑戦される方は、くれぐれも自己責任でお願いします!

袷の表裏生地の違いや、使われている糸の素材によっても伸縮率が変わりますので、再生できなくなる可能性があります。

私も身丈が3cm縮みました。←大事なのでもう一回言いました。

場合によっては、もう着れなくなるかもしれません。

それでも、「うまくいったらラッキー」と思える方は、挑戦してみてください。

 

とか何とか言いながら性懲りも無く、そのうち着物をコインランドリーで洗ってみたいと思ってたりします。